投資

ファンドの定義、概念、基礎知識

資金運用を目的として投資を行うとき、投資先にはいろいろなものがあります。
例えば企業の株に投資する方法がありますし、FXやそのほか不動産や国債、社債に投資をする方法があります。また資金運用の方法も自分で株の売買や、不動産の売買を行う方法もあります。しかし投資を行って毎月一定の収入を得ようとしたり、確実に利益を得るためには、株の売買のタイミングを判断する力が必要ですし、不動産の場合も運用のノウハウが必要になります。
そのため、自分で証券や不動産といった金融商品の運用を行わず、プロに任せる方法を検討してみてもいいでしょう。

ファンドとは、投資家から運用を目的として資金を集め、で証券や不動産などの運用を行うことです。もともとの意味は基金という意味ですが、資金運用会社や金融商品を指したり、現在は広義に使われています。こちらの「ファンドとは何か。意味から投資信託や投資ファンドの違いまでわかりやすく解説」という記事においても、同様の定義から解説されています。
投資ファンドとは集めた資金の運用を専門的に行う会社のことです、投資ファンドが投資を行う対象は株と決まっておらず、目的にあわせて株式以外にも公社債や未公開株式、不動産など独自に投資を行います。
そして投資ファンドは投資家から資金を集めることで大きな取引を行い、大きな利益を得ることが可能になるところがメリットです。しかしながら大きな取引を行ったとき、うまくいかなければ損失も大きくなります。
そのため投資ファンドでは、投資先を分散して、1つの取引で損失を出しても、ほかの取引で利益を出して全体として利益がでるといったようなリスク分散を行っています。そのように確実に利益が得られる仕組みを持って、利益を投資家に分配します。投資ファンドの利用は資産の運用を資産運用のプロに任せることであり、より確実に利益を得る方法といえます。

ファンド(投資信託)は大抵、証券会社で購入しますが、銀行や保険会社、郵便局といったところでも購入することができます。銀行や郵便局などではボーナスシーズンに投資信託の手数料が安くなるキャンペーンなどが行われることがあるため、銀行や郵便局でファンドを購入する人も多くいます。
特に銀行の場合、給与の口座で投資信託することができるため、資金移動の手間が省けます。また郵便局や銀行は普段から使っているため利用が慣れているでしょう。そうした慣れている窓口で投資信託の相談ができるのはお手軽感があります。
しかし銀行や郵便局では購入することができるファンドの種類は証券会社に比べて少なかったり、支店などによって担当者のファンドに対する専門的な知識が偏りがあったりするため、できれば証券会社で購入した方がよいでしょう。

証券会社にもいろいろなタイプがありますが、店舗型の証券会社は株式やETF、債券など多くの金融商品を扱っているのが特徴です。最近ではネット証券会社などもあって、インターネットを利用して気軽にファンドを購入できたり、AIを利用して運用するサービスなどが生まれており、多様になっています。

投資信託とファンドは同じ言葉として認識されていますが、投資信託は行政の監督を受けた業者が管理されて運用しているのに対して、ファンドは多様な金融商品を指しています。金融商品の中には行政の監督下にない、証券取引法の規制が適用されないものもあり、厳密には投資信託とファンドは異なりますが、同意語のように扱われています。