ヘッジファンドダイレクト画像

ヘッジファンドダイレクト株式会社の投資事業

資金運用として投資を行うとき、知識も経験もない状態でいきなり投資を行うのは大きなリスクがあります。
例えば株式に投資を行う場合、数ある企業の中から将来有効な企業を選ぶには業績や会社の経営状態の確認が必要ですし、投資をしたら株の動向をチャートで確認して今後の動向を予測し、売買のタイミングを判断していきます。
しかし個人で企業の業績や経営状態を調べるのは困難ですし、チャート見ながら将来の動向を予測するといったことは知識と経験が必要になります。そこで多くの投資家たちが利用しているのが投資ファンドです。
投資ファンドは金融のプロたちが投資家から資金を集めて独自に運用し、得た利益を投資家に分配します。投資ファンドはプロに資金の運用を任せることによって、資金運用の失敗のリスクを軽減する方法です。

ヘッジファンドダイレクト株式会社のお話の前に、ヘッジファンドとは何かを解説します。
端的に言えば、投資ファンドの中でも、集めた資金を複数の金融商品に分散して高い利益を上げる代替投資のことです。投資ファンド、投資信託や投資信託を運用する組織などを指すこともあります。
ヘッジファンドの「ヘッジ」とは、避けるという意味で、その意味の通りリスク分散が行われます。例えば株式に投資をするとき、ひとつ銘柄に絞って投資を行っていると、その企業の業績が悪化したときに大きな損失になってしまう場合があります。
しかし複数の銘柄を購入しておけば、ひとつの銘柄で損失が出ても、ほかの銘柄で利益を上げることによって損失を回避することができる場合があります。
ヘッジファンドでは資産を分散する以外に下落する可能性がある資産については、先物またはインデックスを打って損失を回避するなど、損失を出来るだけださないような施策を行います。
リスク分散を行う以外にほとんどが私募ファンドという特徴があります。私募ファンドとは、資金を集めるときに資金のつのる範囲を限定するために、「プライベートファンド」とも呼ばれています。
プライベートファンドは募集対象が50人未満のことをいいますが、有価証券に対する投資について専門的な知識をもつ「プロ私募」と呼ばれる人たちによる事業も私募ファンドと呼ばれています。運用者の裁量が大きく、通常ハイリスク・ハイリターンの運用を行います。

ヘッジファンドダイレクト株式会社は、そんな投資事業を行う企業のひとつです。
アブラハムウェルスマネジメント証券会社、ゆかしウェルスメディア株式会社、アブラハム・ウェルスマネジメント株式会社といったあゆみトラスト・グループを率いるあゆみトラストホールディングス株式会社が100%出資する企業です。
あゆみトラスト・ホールディングス株式会社の代表取締役社長である、高岡壮一郎氏が代表者となっています。
あゆみトラスト・グループは富裕層をターゲットにした金融サービスを行っていますが、ヘッジファンドダイレクト株式会社も同様です。

ヘッジファンドダイレクト株式会社のオープンイノベーション情報|オープンイノベーション プラットフォーム eiicon